2011年02月05日

隅田川馬石【長編噺抜き読みの会】

ちょっとサボっている間に
節分が過ぎ立春を迎えてしまいました。
道楽亭は1周年プロジェクトに突入です。

が、その前に1月最後の落語会は
隅田川馬石さんが長編噺から抜き読むという会。
前回は『お富与三郎』から。
2回目の今回は『名人長二』。

110129_192925
110129_192925 posted by (C)Dorakutei

その前の一席は『宿屋の富』。
この世界、1月中はお正月。
季節もののお噺です。

「一番富〜、子の千三百六十五番〜!」

宝くじ、当たりませんなぁ(~~;)

さて、後半はメインイベント『名人長二』。
圓朝がモーパッサンの「親殺し」を参考に
明治20年に新聞に連載したものらしい。
落語噺というより推理小説、サスペンスと感あり。

指物師、長二が背中の傷から湯治に訪れた湯河原で
出生の秘密、捨て子と知り
実の親に贔屓にされるが、親と名乗らぬのを苦に
揉みあううちに殺してしまう・・・。
切ないなぁ。
馬石さんの噺も1時間に近くなるころ
「それから?どうなるの?」と思わせながらのお開き。
「その先、聴きたい!」

馬石さん情報

林家しん平監督『落語物語』
3月12日封切 出演:ピエール瀧、田畑智子、柳家わさび

に出演。
どんな役なのか一見の価値あり!!

110129_192918
110129_192918 posted by (C)Dorakutei

posted by 道楽亭スタッフ at 12:05| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。