2011年01月20日

蜃気楼龍玉円朝に挑戦!『緑林門松竹』

火曜日は龍玉さん。
昨年4月から始まった円朝企画。
9ヶ月目に最終話となりました。
この間に五街道弥助さんは真打昇進となり
蜃気楼龍玉と名前が変わりました。

この長くて陰惨な『緑林門松竹』。
きょうは5回シリーズの最終回。

まずは、いつものとおり
本田久作さんによる前回までのあらすじと解説。
悪人中の悪人、極悪非道の新助市は
果たしてどうなるのか・・・?!

110118_193017
110118_193017 posted by (C)Dorakutei

・・・と相成りまして・・・。

110118_193821
110118_193821 posted by (C)Dorakutei

で、一応の噺は終わったのですが
実はこの噺、まだまだお後が長いようで。
実は今回を最終話としたのは
龍玉師が師匠の雲助師から教わったのがここまで。
つまり雲助師匠もここまでしかかけてないわけです。

この続き聴きたいですよね。
やっぱり完結したいです。
頼みました。お願いしました。

そして、ついに蜃気楼龍玉は師匠を超える決断を下しました!
来月は外伝を。
そして3月からは『緑林門松竹』真の完結目指すこととなりました。

どうぞおたのしみに!

もう一席は『親子酒』
「郵便局の裏の松の木のある家は俺んち」と言い張る二人の酔っ払い。
喧嘩となるが実は父、息子という枕噺から始まる。
親が親なら子も子という一席。

110118_203525
110118_203525 posted by (C)Dorakutei

110118_203546
110118_203546 posted by (C)Dorakutei

次回は2月21日。
3月からは毎月第4水曜日開催となります。
posted by 道楽亭スタッフ at 01:38| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。