2011年01月20日

柳家小せん「し放題!」

水曜日は小せん師匠登場。
そう、やりたい放題、し放題!
お客様がなんと言おうと
師匠の大好きなことやってまう!という会。
すいません、高ピーで。

110119_193026
110119_193026 posted by (C)Dorakutei

まずは落語。
(やっぱり抑えるところは押さえます)
軽く2席。いや結構しっかり2席。
一席目はご存知『蝦蟇の油』
枕に広小路の解説から見世物小屋噺。
例えば、「命の親」なる小屋では山盛りのご飯が。
「べな」小屋では大鍋が逆さに置かれ
「大猿小猿」は大きなざるに小さなざるが被さり
「六尺豊かな大イタチ」ともなると
大きな板が立てかけられ中ほどに血のしみがついてるなんて。
蝦蟇の油売りの口上はお見事で拍手が。

110119_193101
110119_193101 posted by (C)Dorakutei

2席目は『権助芝居』
権助の訛りと惚けた味が絶妙。
小せん師の見かけとは裏腹にかもし出される
ナンセンスな雰囲気がいいですねぇ。

仲入り後はお着替えでギター片手に
きょうも出ました、暗〜い歌。
重いなぁ、相変わらず。
じゃあと明るい歌唄うも「いかん、イマイチ」
小せん師の真骨頂はやはり「暗さ」ですね。

110119_210511
110119_210511 posted by (C)Dorakutei

次回もくら〜く迫ります。
小せんの『し放題』!

110119_203915
110119_203915 posted by (C)Dorakutei
posted by 道楽亭スタッフ at 02:24| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。