2011年01月29日

瀧川鯉橋「鯉のつなわたり」

木曜日は鯉橋さん。
鯉昇師匠の秘蔵ッ子さん。
月末がお誕生日で不惑の大台に乗るそう。
おめでとうございます!
既に、物腰は不惑の貫録充分ですが。

110127_192416
110127_192416 posted by (C)Dorakutei

1席目は『粗忽の釘』
枕は小柳枝師匠のそそっかしい噺で盛り上がる。

2席目は『転宅』
こちらも粗忽な泥棒小石川仁衛門半と
賢いお妾さん(高橋おでんの弟子のはんぺん)のやり取りが絶妙。

そして、3席目はお正月らしく『宿屋の富』
富くじに当たってしまった大ホラ吹きの一文無しと
宿屋の主人、富くじに群がる庶民の気持ちは
昔も今も一緒のようで。

110127_201245
110127_201245 posted by (C)Dorakutei

今日の打上げは女性のみ。
鯉橋さんもてますね。
posted by 道楽亭スタッフ at 17:00| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。