2010年11月24日

落語界のヒッキー登場!

勤労感謝のきょうは三笑亭可龍師独演会、『天まで昇れ!』
今春真打になられた可龍さん。
(ごめんなさい、「師匠」より「さん」がしっくりする若さです)
昇龍をイメージしてのタイトルです。
そのイメージ通り、2回目の今回、昇り始めました!

101123_201148.JPG

101123_201424.JPG

演目は
悋気の独楽
粗忽長屋
明烏

悋気の独楽のお妾さん色っぽいにゃあ!
明烏の若旦那、いい男です。

落語界の氷川きよしは
熱烈なるファンにしつこく愛されながら
どんどん天に向けて昇ります。

5年後、10年後、必ずや落語ファンを唸らせる
噺家さんになること間違いなし。

わたくし佐藤の一押しです!
ぜひ、一度お試しあれ。

次回は来年2月23日予定。




posted by 道楽亭スタッフ at 01:26| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

桂三風客席参加型落語会

月曜日は上方の  桂三風さんの登場!
師匠はあの桂三枝さん。
お弟子に入って27年だそうです。

101122_193047.JPG

客席参加型落語会とは
噺の中に観客の効果音が入るというわけ。
つまり、三風さんの手の合図で「え〜!?」「お〜」って。
お客様、寝てられないってわけです。
もちろん自作の新作です。

ちなみに本日の演目は
ヤンキー版動物園
寿限無
テレショップ
ああ、定年退職

二席目、古典で決めるつもりがイマイチ受けてないとみるや
間髪入れずにテレショップへ。
こういう所、さすがの上方根性。
「笑わせてなんぼ」の精神を見た。

終演後の打上では
マネジャーである奥様のお誕生日ということで
お客様の要望に応え
再び高座にあがり「ハンカチ」の一席。
喧嘩ばかりしている倦怠期の夫婦のちょっといい噺です。

101122_222505.JPG

そう、11月22日のきょうは「いい夫婦の日」ですね。
外見も中身も変わってしまった妻だけど
絶対自分より長生きしてね。っていう。
この噺を自分に置き換え、奥様への愛としたのですが・・・。
奥様からのダメ出し「きょうの出し物でこれが一番の出来だったよ」
素敵なご夫婦愛でした。

う・ら・や・ま・し・い・・・・・

posted by 道楽亭スタッフ at 01:27| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ヴァチスト太田の女子力

土曜日のゲストはWAHAHA本舗の女優さん。
そう、あのヴァチスト太田さん。
『妖怪昭和歌謡ショー』ってなんだ?

101120_210251.JPG

栗木健さんの簡易ドラム一つで
(このドラム、手作りなんですよ。
ドクロがぶら下がっていて、これがちゃんとリズムを打つ仕事人)
神田川からちあきなおみ、シャンソン、ひばり節まで唄いあげます。
このどれもが、女の情念、怨念てんこ盛り。
「怖い」ほどの女子力発揮。
37歳、経験と純情がない交ぜの迷える女心は
切なく、オドロオドロしい歌声となっていくのです。

って、素顔の彼女はとっても優しいピュアな女性でした。
女優、ヴァチスト太田に乾杯!

101120_210031.JPG

posted by 道楽亭スタッフ at 01:37| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

春風亭昇吉勉強会しばしお休み

木曜日は定例、昇吉勉強会。
今回で10回目です。
道楽亭の落語会では開催回数最多を誇ります。

101118_193046.JPG

101118_200639.JPG

しかし、今回でしばらくお休みさせていただきます。
来年の春以降に二つ目という大きな目標が見えて来たこの時期
ここに向けてもう一度自分を見直すことと
目標への準備に入るためです。
昇太師匠のご沙汰でもあり
ご自身の決意でもあります。

必ず一回りも二回りも大きくなった昇吉さんが
観られることと思います。
昇吉さ〜ん、が・ん・ば・れ!!

毎回、お客様の温かいお心に支えられて
気持ちの良い会ができましたこと
心より御礼申し上げます。
再びバージャンアップして登場の折は
変わらぬご支援をお願い申し上げます。

ありがとうございました。

101118_230153.JPG
posted by 道楽亭スタッフ at 01:27| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ビッグサプライズ

10日、11日は上方人気噺家、桂三金さんの登場。
ゲストさんを変えての二夜連続公演。

自称「TSR48」(体脂肪48%)と体躯は立派!
鮮やかな黄色とブルーのお着物が似合うこと。

DSC01555.JPG

初日のゲストは柳家初花さん。
「竹の水仙」は熱演でした。
三金さんの演目は大人気演目「奥野くん(本名です)シリーズ」から。

しかし、しかし・・・
この日、道楽亭を騒然とさせたのは
なんと、あの鶴瓶師匠がひょっこり現れ
ちっちゃな講座にちょこっと座り
枕噺で爆笑をとったかと思えば
「錦木検校」では涙を誘うというさすがの技量。
「練習させてもらいましたわ」とにこっと笑った細い目に
オーディエンスはメロメロでした。

DSC01569.JPG

打上では三師を囲んで盛り上がりっ放しで夜も更ける。
鶴瓶師匠飛び入り参加ありがとうございました!



二日目の三金さんが迎えるゲストは歌武蔵師匠。
タイトル「デブサミット」に相応しい対決。
三金さんには何とか耐えた高座ではありますが
歌武蔵師にはいかなるや。
開演前に高座チェックをする師匠。
「きょうは動きの無い噺で行きましょう」で開演。

二日間の大とりは三金さんの「幸助餅」。
歌武蔵師に合わせての演目だったんですね。


この日も打上には
桂三風、笑福亭鶴笑両師を迎え賑やかに。
昼間、宇都宮から下北へと周られた三金さん。
「お仕事ですか?」「ちょっと餃子とカレーを食べに」
デブの名に恥じぬ行動力に乾杯!

三金さん、二日間お疲れさまでした!

なお、11月22日は桂三風独演会です。
上方の会はハプニングはつきもの。
おたのしみに!


※道楽亭には鶴瓶師匠、大のお気に入り
「イナダさん」が働いております。
道楽亭へご来店下されば
今なら無料にてご覧になれます。



posted by 道楽亭スタッフ at 11:50| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。