2011年01月20日

柳家小せん「し放題!」

水曜日は小せん師匠登場。
そう、やりたい放題、し放題!
お客様がなんと言おうと
師匠の大好きなことやってまう!という会。
すいません、高ピーで。

110119_193026
110119_193026 posted by (C)Dorakutei

まずは落語。
(やっぱり抑えるところは押さえます)
軽く2席。いや結構しっかり2席。
一席目はご存知『蝦蟇の油』
枕に広小路の解説から見世物小屋噺。
例えば、「命の親」なる小屋では山盛りのご飯が。
「べな」小屋では大鍋が逆さに置かれ
「大猿小猿」は大きなざるに小さなざるが被さり
「六尺豊かな大イタチ」ともなると
大きな板が立てかけられ中ほどに血のしみがついてるなんて。
蝦蟇の油売りの口上はお見事で拍手が。

110119_193101
110119_193101 posted by (C)Dorakutei

2席目は『権助芝居』
権助の訛りと惚けた味が絶妙。
小せん師の見かけとは裏腹にかもし出される
ナンセンスな雰囲気がいいですねぇ。

仲入り後はお着替えでギター片手に
きょうも出ました、暗〜い歌。
重いなぁ、相変わらず。
じゃあと明るい歌唄うも「いかん、イマイチ」
小せん師の真骨頂はやはり「暗さ」ですね。

110119_210511
110119_210511 posted by (C)Dorakutei

次回もくら〜く迫ります。
小せんの『し放題』!

110119_203915
110119_203915 posted by (C)Dorakutei
posted by 道楽亭スタッフ at 02:24| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蜃気楼龍玉円朝に挑戦!『緑林門松竹』

火曜日は龍玉さん。
昨年4月から始まった円朝企画。
9ヶ月目に最終話となりました。
この間に五街道弥助さんは真打昇進となり
蜃気楼龍玉と名前が変わりました。

この長くて陰惨な『緑林門松竹』。
きょうは5回シリーズの最終回。

まずは、いつものとおり
本田久作さんによる前回までのあらすじと解説。
悪人中の悪人、極悪非道の新助市は
果たしてどうなるのか・・・?!

110118_193017
110118_193017 posted by (C)Dorakutei

・・・と相成りまして・・・。

110118_193821
110118_193821 posted by (C)Dorakutei

で、一応の噺は終わったのですが
実はこの噺、まだまだお後が長いようで。
実は今回を最終話としたのは
龍玉師が師匠の雲助師から教わったのがここまで。
つまり雲助師匠もここまでしかかけてないわけです。

この続き聴きたいですよね。
やっぱり完結したいです。
頼みました。お願いしました。

そして、ついに蜃気楼龍玉は師匠を超える決断を下しました!
来月は外伝を。
そして3月からは『緑林門松竹』真の完結目指すこととなりました。

どうぞおたのしみに!

もう一席は『親子酒』
「郵便局の裏の松の木のある家は俺んち」と言い張る二人の酔っ払い。
喧嘩となるが実は父、息子という枕噺から始まる。
親が親なら子も子という一席。

110118_203525
110118_203525 posted by (C)Dorakutei

110118_203546
110118_203546 posted by (C)Dorakutei

次回は2月21日。
3月からは毎月第4水曜日開催となります。
posted by 道楽亭スタッフ at 01:38| Comment(0) | イベント後記・落語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

テストです

連携のテストです
posted by 道楽亭スタッフ at 22:53| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

玉川奈々福と愉快な仲間たち

日曜日は浪曲。
そう、大好きなハンサムウーマン奈々福さん。

110116_152928
110116_152928 posted by (C)Dorakutei

愉快な仲間たちの2回目。
きょうのお仲間は篠笛奏者「こと」さん。

まずの一席は奈々福節で『慶安太平記 善達三島宿』
富士の白雪 朝日でとける〜♪
大喰らい、大酒のみの怪僧善達が
3人も平然と殺すという残忍非道な話なのだが
何故か陰惨、オドロオドロしいという感じはなく
後味カラっとなお噺。
奈々福さんが意外や大男の怪僧善達を
演じこなしているのに驚く。

お待ちかね、ことさんは
やや天然入った素敵雰囲気持った美人さん。
小さい時から父上の影響で神楽団にて笛を学び
その後フルートも習得。
広島の神楽という伝統を今に伝える。

110116_160700
110116_160700 posted by (C)Dorakutei

最初は神楽笛。
神楽笛とは6つの穴の竹の笛。
これは造り手のさじ加減で変わる
それぞれが違った陰音階を持つものなのだそうだ。
演奏は天照大神が天の岩戸に閉じこもったという
あの神話からが岩戸の前でかなでたという曲。
続いて天照大神を引きずり出した手力男命が舞った曲。
そして、光の戻った喜びの舞。
神楽笛の高音は耳に反響する独特な音域。すごい!

そして、篠笛。
こちらは何とも落ちついた柔和な音色。
焚き火、冬の星座、蘇州夜曲、あわて床屋。
こちらはドレミ音階8穴なのだそうです。

最後は石見神楽から八頭の大蛇。
ご存知、須佐之男命が大蛇を退治したという神話から。

素晴らしい笛の音にすっかり酔いしれました。

110116_160713
110116_160713 posted by (C)Dorakutei

中入り後は再び奈々福節で。
演目は『小田原の猫餅』
春が気ままになるならば、梅と桜が共に咲き
夜中に嵐がなけりゃよい〜♪
奈々福さんお得意の甚五郎義侠伝からの一席でお開きに。

110116_165552
110116_165552 posted by (C)Dorakutei

きょうも才能あふれる奈々福節に
夢中にさせられてしまいました。
posted by 道楽亭スタッフ at 01:26| Comment(0) | イベント後記・色もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愉しいパーティーを

土曜日は貸切パーティー。
大学の女子体育会、4年生送別会でした。

若い女子連の華やかな声に
道楽亭の狭い空間がなんとも活き活きと。

お料理が出る度に
「きゃぁ〜、に、にく〜!」「おいしい〜!」
と嬉しい叫び。
ありがとうございます。
一生懸命つくる側としては
何よりの励みとなります。

この会は部の監督さんご夫妻の主催で
若い女子部員を喜ばせようと
余興として素敵なマジシャンをご用意。

伊藤夢葉さん登場に
ちょっと入ったお酒も後押しして
店内、割れんばかりの歓声!

110115_192418
110115_192418 posted by (C)Dorakutei

夢葉さんはトークマジシャンの元祖と言われた
伊藤一葉師の一番弟子。
面白トークの合間?に繰り出す手品は本物。
すっかりトークの妙に気を取られてると
からくり見逃すというもの。
いや、真剣に見ていても、やっぱりやられてしまいます。
一つ一つの技に、大きな歓声と黄色い叫び。
大いに盛り上がるライブでした。

そうそう、単なる趣味で振る鞭。
夢葉さんピンクの燕尾服が似合ってましたよ。

110115_195303
110115_195303 posted by (C)Dorakutei

道楽亭ではパーティに色を添える
演芸、パフォーマンスもご用意いたします。
愉しいひとときをお届けしてまいります。
ご相談いただければほとんどのことにはお応えいたします。
どうぞ、ご遠慮なく!お待ちしております。
posted by 道楽亭スタッフ at 00:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。